通常の受身と受身進行形の違い


通常の受身と受身進行形の違い


 


◇ 伝えたかった内容
家はまだ改築中です。

◇ 誤英語
My house is still reformed.

◇ 伝わった内容
家はまだ改革される

◇ 訂正英語
My house is still being remodeled.


▼ なぜ通じない!? 

「リフォームする」は和製英語です。

英語でreformは「改革する」という意味です。

日本語の「改築/リフォームする」はremodelにします。

次に「改築中」=「改築されている(最中)」と進行形なのでbe動詞 being P.P.の受身進行形に。

ただの受身だと「〜される」で誤英語は「改革される」と聞こえます。


▼ ひとこと

受身の進行形の比較をもう一つ。。

The dish was cooked. 
料理が作られた(完成)

The dish was being cooked. 
 料理が作られていた(最中)

ただできるだけ人を主語にして受身形を避けた方が自然です。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス