had toとshould haveの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

had toとshould haveの違い


 

◇ 伝えたかった内容
もっとスタッフを雇っておくべきだった

◇ 誤英語
We had to employ more staffs.

◇ 伝わった内容
もっとこん棒を雇わないといけなかった(雇った)

◇ 訂正英語
We should've employed more staff.

▼ なぜ通じない!? 

「〜すべきだった(しなかった)」はshould have P.P.に。

had toは後ろに否定要素がないと「〜しないといけなかった(実際した)」となり、「雇わないといけなかった(雇った)」となります。

次にstaffは通常、単複同形でSはつきません

sをつけて数えるのは「こん棒」という意味で誤訳のようになります。

▼ ひとこと

should have P.P.は後悔を表すこともできます。

I should've got married then.
あの時結婚しておけばよかった


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス