injureとbe injuredの違い


injureとbe injuredの違い


 

◇ 伝えたかった内容
ケガをしたが、痛みはそんなにひどくなかった

◇ 誤英語
I injured but the pain was not so hard.

◇ 伝わった内容
ケガをさせたが、痛みは硬くなかった

◇ 訂正英語
I was injured but the pain was not so severe.


▼ なぜ通じない!? 

injureは「(誰かを)ケガさせる」で本人がケガをする場合は受け身です。

誤英語は「ケガをさせなかった」と聞こえます。

次にpain(痛み)に対して「ひどい」という形容詞にはsevereを通常使います。

hardは「硬い」という形容詞で誤訳のように聞こえます。


▼ ひとこと

痛みを表す言い方を。。

I have a dull-pain. 
鈍い痛みがする

I have a sharp-pain in my stomach. 
 胃がキリキリ痛む

sharp-painは「鋭い痛み」で「キリキリ痛む」となります。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス