和製英語クレーム(claim)とcomplainの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

和製英語クレーム(claim)とcomplainの違い




◇ 伝えたかった内容
もし彼がここにいたら、文句を言ってやるのに

◇ 誤英語
If he was here, I would claim him.

◇ 伝わった内容
もし彼がここにいたら(過去)、彼を主張したのに(過去)

◇ 訂正英語
If he were here, I would complain to him.


▼ なぜ通じない!? 

ありえない現在を表すif節のbe動詞は、主語に関係なくwereです。

wasだと、ありえる/ありえないを意識しない、ただの過去のifになります。

次に「文句を言う」はcomplainです。

claimは「主張する」で日本語の「クレーム」は和製英語です。

誤英語は前のミスと重なり「彼がいたら、文句をいったのに」となります。


▼ ひとこと

ありえる/ありえないを意識しない過去のifを。。

If you had time, why didn't you go out?
時間があったのなら、なんで出かけなかったの?



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス