next roomとnext door「隣の部屋」の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

名詞のエントリ一覧

 

next roomとnext door「隣の部屋」の違い




◇ 伝えたかった内容
隣の部屋は空き部屋のようだ

◇ 誤英語
It seems that the next room is empty.

◇ 伝わった内容
(同じ家の中にある)隣の部屋物がないようだ

◇ 訂正英語
It seems that the next door is vacant.


▼ なぜ通じない!? 

next roomは同じ家の中にある「隣の部屋」という意味です。自分の家なら自分が今いる部屋の隣の部屋、となります。「お隣さん」という意味の「隣の部屋」はnext doorに。

次にemptyは「(中身が)空の」という意味の「空いた」です。「人が住んでいない」という「空いた」はvacantです。


▼ ひとこと

next doorを主語にした場合の文章を。。

The next door seems to be vacant.

物/人 seem to Vの形です。時制がずれると厄介ですが、現在時制ならこちらの方が短くてすみます。

■ 編集後記



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス