willとwouldの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

willとwouldの違い


 

◇ 伝えたかった内容
私ならそんな事は絶対にしません

◇ 誤英語
I will never do such a thing.

◇ 伝わった内容
私はそんな事は絶対しないつもりだ

◇ 訂正英語
I would never do such a thing.

▼ なぜ通じない!? 

日本語の「私なら」は「私(があなた)なら」「私(が彼)なら」と、ありえない仮定法です。

カッコ部分は曖昧でif節が作れないこの様な場合は、if節の後ろ部分のみを文章にします。

「そんな事はしない」が該当部分で、ありえないifの後ろは助動詞過去を置き、通常wouldなので、willをwouldにします。

willだと単に「私はそんな事はしないだろう」となります。

▼ ひとこと

難しく考えず「私なら」はI would〜と覚えても大丈夫です。

I would not buy it. 
私なら買いません。

I would never wear it. 
 私ならそんなの絶対に着ません。

if節がなくて簡単に使えるありえない仮定法なので便利です。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス