don't have toとshouldn'tの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

don't have toとshouldn'tの違い



◇ 伝えたかった内容
そんな事言ったらダメだよ


◇ 誤英語
You don't have to say like that.


◇ 伝わった内容
そんな風に言う必要はないよ


◇ 訂正英語
You shouldn't say something like that.


▼ なぜ通じない!?

don't have toは「〜する必要はない」と禁止を表せません。なので「〜してはダメ」のshouldに。have to = shouldですが、否定の場合、意味が変わるので注意です。

次にsay like thatだと「そんな風に言う」となります。「そんな事を言う」とする場合はsomething like that
somethingを入れます。


▼ ひとこと

don't have toを使った他の文章を。。

I don't have to ask him about that.
そのことを彼に聞くまでもない

「〜するまでもない」という意味でも使うので、覚えておくと便利です。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

パソコンメールアドレスで登録する方は下記から☆

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用メールアドレスで登録する方は下記から☆

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004~ 

Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス