in order not toの使い方


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

否定のエントリ一覧

 

in order not toの使い方


 

◇ 伝えたかった内容
体を壊さないように、夜更かしするのをやめた

◇ 誤英語
I quit to stay up late not to lose my health.

◇ 伝わった内容
体を壊さないこと、夜更かしするために(何かを)やめた

◇ 訂正英語.
I quit staying up late in order not to lose my health.


▼ なぜ通じない!?

まず、quitの後ろは名詞で、to V形はありません。

誤英語はto stay up lateが目的を表すto Vになり、「夜更かしするために(何かを)やめた」となります。なので、staying.と動名詞にします。

次に「〜しないように」はin order not to Vです。

not to Vは「〜しないこと」という意味で、誤英語だと「体を壊さないこと」と意味がおかしくなってしまいます。


▼ ひとこと

not toは通常、一般動詞の直後に置いてワンセットで使います。

e.g.
I decided not to join it. 
 参加しないことにした

I tried not to bother him. 
彼の邪魔をしないようにした

not to Vは目的のto V「〜するために」の否定ではないので、注意しましょう。
 


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス