mightとmight have P.P.の意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

mightとmight have P.P.の意味の違い


 

◇ 伝えたかった内容
彼は電車を乗り間違えたのかもしれない

◇ 誤英語
He might get on a bad train.

◇ 伝わった内容
彼は悪い電車ひょっとしたら乗るかもしれない

◇ 訂正英語
He might have got on a wrong train.

▼ なぜ通じない!? 

まず「(電車を)乗り間違える」は「間違った電車に乗る」なのでwrong trainに。

badは「悪い」という意味なので、誤英語は「悪い電車」となっています。

次に「〜したかもしれない」はmight have P.P.です。

might Vは「ひょっとしたら〜するかも」と現在/未来の推量を表します。

▼ ひとこと

might Vを使った例題も。。

I thought you might say that. 
そう言うと思ったよ

I thought you might like this. 
 気にいってくれるかと思って

周りに過去形があり、それに合わせてmayがmightに変わります。

周りの動詞と同じ、または先の話になります。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス