wake up「目覚める」とget up「起床する」の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

wake up「目覚める」とget up「起床する」の違い




◇ 伝えたかった内容
目が覚めた時、外はまだ暗かった

◇ 誤英語
When I got up, oiutside was still dark.

◇ 伝わった内容
起床した時、外で、何かがまだ暗かった

◇ 訂正英語
When I woke up, it was still dark outside.

▼ なぜ通じない!? 

まず、get upは「起きて行動する」という「起床する」を意味し、誤英語のようになります。

単に「目が覚める」という意味の「起きる」はwake upに。

次に、時間/天候などを表す場合、主語はitです。

誤英語は、outsideが主語にならず、「外で」となり、文章に主語が抜けた状態なので、誤訳のように、「外で、何かがまだ暗かった」となってしまいます。

▼ ひとこと

時間、天候の主語は、かなり頻度の高いミスなので注意しましょう。

x Today is hot. 
今日は、何かが暑い

x Yesterday was a public holiday. 
 昨日は何かが休日だ

代表格的な通じない英語ですので、しっかり覚えておきましょう。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス