知覚動詞、原型、ing、P.Pの使い方


知覚動詞、原型、ing、P.Pの使い方


 

◇ 伝えたかった内容
少年が何か買っているのをみた

◇ 誤英語
I watched a boy bought something.

◇ 伝わった内容
少年が買われるのをジッと見た、何か

◇ 訂正英語
I saw a boy buying something.

▼ なぜ通じない!? 

まず、この文章で「買っているのをみた」というのは「見かけた」という感じなのでsawにします。

watchedだと「ジッとみていた/監視していた」となります。

次に、知覚動詞+N(名詞)+P.P.(過去分詞)はNが後ろの動詞をされる側になり、誤英語は「少年が買われる」となります。

Nが後ろの動詞をする場合は、原型かingで、ここではingにします。

▼ ひとこと

知覚動詞+N+原型/ingの違いを。。

I saw him smile. 
彼がほほ笑んでいるのを見た

I saw him hiding something. 
 彼が何か隠しているのを見た

Nが次の動詞をするのを一部始終見る場合は原型、一部をみる場合はingです。

今日の場合、「何かを買う」のを始めから最後までみる、というのは不自然なので、ingです。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス