run out ofの使い方とbe short of money(金欠)


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞+前置詞のエントリ一覧

 

run out ofの使い方とbe short of money(金欠)


 

◇ 伝えたかった内容
完全に金欠だったが、彼に昼食をおごってあげた

◇ 誤英語
I was running out of money totally but I treated him for lunch.

◇ 伝わった内容
完全に金欠になりそうだったが、彼に昼食のために治療をした

◇ 訂正英語
I was short of money totally but I treated him to lunch.

▼ なぜ通じない!? 

まず、was runningと進行形だと、「金欠になろうとしている最中/もうまさになる寸前」という感じです。

「完全に金欠だった」とすでに金欠状態なので、ここでは、was short of moneyに。

次に「人に〜をおごる」はtreat 人 to 〜です。

forだと、誤訳のように「彼のために」となり、treatが「治療する」という意味で、「昼食のために彼を治療する」となります。

▼ ひとこと

「金欠」でよく使う表現を。。

I was broke. 金欠だった

brokeが「金欠の」という形容詞で、会話でよく使う表現です。

brokenではないので、注意しましょう。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス