don't have toとshouldn'tの使い方と意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

don't have toとshouldn'tの使い方と意味の違い


 

◇ 伝えたかった内容
ミスを怖がってはダメだ

◇ 誤英語
You don't have to be afraid to make mistakes.

◇ 伝わった内容
怖くてミスできない必要はない

◇ 訂正英語
You shouldn't be afraid of making mistakes.

▼ なぜ通じない!? 

まず、have toは「〜しないといけない」ですが、その否定のdon't have toは「〜する必要がない」で、「〜してはだめ」という意味にはなりません。

なので、shouldn'tに。

次にbe afraid to Vは「怖くて〜できない」で、誤英語は前のミスも重なり、「怖くてミスできない必要はない」となります。

単に「〜が怖い」はbe afraid ofにします。

▼ ひとこと

もうひとつ、be afraidの例を。。

○ I was afraid of gaining weight. 
体重が増えるのが怖かった

X I was afraid to gain weight. 
 怖くて体重を増やせない

意味が変わるので要注意です。

■ 編集後記


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス