had toとshould have P.P.(したはずだ)の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

had toとshould have P.P.(したはずだ)の違い


 

◇ 伝えたかった内容
彼は9時には駅に到着したはずだ

◇ 誤英語
He had to reach the station by nine.

◇ 伝わった内容
彼は9時には駅にようやく到着しないといけなかった

◇ 訂正英語
He shoud have got to the station by nine.


▼ なぜ通じない!?

まず、had toは「〜しないといけなかった」で「〜したはずだ」とはなりません。

「〜したはずだ」はshould have P.P.を使います。

次に、reach 場所は「(ようやく/やっと)〜に着く」と努力して着く、というニュアンスで、誤英語は「ようやく着く」となってしまいます。

特にそのような感じはないので、get toを使います。


▼ ひとこと

reachとget toの違いをもう一つ・・・

I finally got to the airport. = I reached the airport.

何か途中問題があって、「やっと」という感じを出したい時に、reachという感じです。




今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス