hear S Vとhear ing、知覚動詞の使い方


hear S Vとhear ing、知覚動詞の使い方




◇ 伝えたかった内容
お隣さんが大きな声で話しているのが聞こえた

◇ 誤英語
I heard my neighbor was talking in a loud voice.

◇ 伝わった内容
お隣さんが耳障りな程大きな声話していると誰かから聞いた

◇ 訂正英語
I heard my neighbor talking in a big voice.


▼ なぜ通じない!?

まず、「大きな声」で、loudを使うと「(耳障りな程)大きな声」というニュアンスで誤訳のようになります。

普通の「大きな声」はbigに。

次に、hear (that) S Vは「SがVしてると(人から)聞く」で、誤英語は「お隣さんが耳障りな程大きな声で話していると人から聞いた」となります。


「Nが〜しているのを聞く」はhear N〜ingにします。


▼ ひとこと

このhearは知覚動詞の使い方です。他にも例を・・・

I heard her crying.
彼女の泣き声が聞こえた(泣いているのが聞こえた)

I heard him speaking ill of me.
彼が私の悪口を言っているのが聞こえた

後ろがS Vとは全く違いますので、注意しましょう。


■ 編集後記

これは編集後記ですが、メルマガでなく、ここでしか書きません。

読者さんでこれを見れた人は、ラッキーですww

よく私の話にでてくる、看護婦Hさん。ミステリーな方で、今や私のメルマガの重要な一員ですww

実は、私、Hさんと元から知り合いです。

ここに入院する6年も前に、病院外で会って何度か話をしたことがあるんです。

彼女の旦那がダーツバーの店長で、Hさんがまだ彼と結婚する前の頃、私が何度かそのバーに行って話をしてました。

久しぶりだったので、お互い最初わかりませんでしたがw

Hさんが最初に気付いて、「あ〜!!」みたいな。うん、ま、知ってる人なんで、あそこまでネタにできる、みたいな。うん、ちょっと真実を話してみましたww




今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

パソコンメールアドレスで登録する方は下記から☆

*メアド:

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004~ 

Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス