わかるのhearとunderstandの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

わかるのhearとunderstandの違い




◇ 伝えたかった内容
うるさかったので、彼が何を言っているのかわからなかった


◇ 誤英語
I couldn't understand what he said because it was noisy. 


◇ 伝わった内容
うるさかったので、彼が何を言ったか理解できなかった


◇ 訂正英語
I couldn't hear what he was saying because it was noisy.


なぜ通じない!?

understandは「(聞いたこと)を理解する」という意味の「わかる」で、誤英語は「(聞こえたが)理解できなかった」となります。ここでは、声自体が「聞こえない」という「わからない」なので、hearに。

次に「何を言っているか」なので、進行形にします。what he saidだと「何を言ったか」と意味が少しずれます。

ひとこと

hearの使い方を・・・

heard the story. その物語を聞いた
I heard of the story.その物語の存在を聞いた
I heard about the story.その物語について聞いた

「直接聞く」はhear N、「存在を聞く」はof、「〜について聞く」はaboutです。ofは存在するかどうか、ということなのでかなり狭く、
aboutは全般で広い範囲
になります。


■ 編集後記



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

パソコンメールアドレスで登録する方は下記から☆

*メアド:

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004~ 

Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス