regret to Vとingの意味の違いと使い方


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

regret to Vとingの意味の違いと使い方




◇ 伝えたかった内容
彼女は恐らく、(それを)やったことを後悔するでしょう

◇ 誤英語
I guess she'll probably regret to do that.

◇ 伝わった内容
彼女は(根拠なし)恐らく、後悔しながらそれをするでしょう

◇ 訂正英語
I think she'll probably regret doing that.


▼ なぜ通じない!?

まず、guessは根拠なしに、勘で「思う」といった感じで、ここでは、probably「恐らく」があり、根拠があると考えられるので、合わなくなります。

なので、thinkに。

次に、regret to Vは「後悔しながら〜する/残念ながら〜する」という意味で誤訳のようになります。

「〜したことを後悔する」はregret ingにします。


▼ ひとこと

可能性の程度の比較を・・・

maybe/perhaps  30〜50% / likely 70% / probably 80〜90%

人にもより違いはありますが、大まかに上記で覚えておくとよいです。


■ 編集後記



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス