tellとsayの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

tellとsayの違い




◇ 伝えたかった内容
風邪が治るのに、1週間かかると医者が言っていた

◇ 誤英語
My doctor told me to take a week to get over a cold.

◇ 伝わった内容
風邪を治すのに、1週間かけるように医者から言われた

◇ 訂正英語
My doctor said it would take a week to get over a cold.


▼ なぜ通じない!? 

まず、tell 人 to Vは「人にVするように言う」という意味で、told me to take a weekだと、「1週間かけて風邪を治すように言う」でおかしくなります。

単に、「〜するだろう」という場合は、say (that) 主語+動詞とします。

主語は時間なので、itで動詞はtake、「1週間かかる」のは、言った(told)より先の未来なので、willの過去wouldを使います。


▼ ひとこと

時間に関して人を主語にとる例も・・・

I took an hour to check the documents.
書類のチェックに1時間かけた

自分の意思で時間をかける、という場合は主語が人です。単に「かかる」という場合は、itです。


■ 編集後記



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス