和製英語「アピールする」とappeal


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

和製英語「アピールする」とappeal




◇ 伝えたかった内容
もっと自分をアピールすべきだった

◇ 誤英語
I had to appeal myself more.

◇ 伝わった内容
もっと自分を控訴しないといけなかった

◇ 訂正英語
I should've sold myself more. 


▼ なぜ通じない!?

had toは「〜すべきだった」で実際にその行為をやったかどうかは不明です。

ここでは「すべきだった(しなかった)」と実際はしなかった、という意味なのでshould have P.P.に。

次に「アピールする」はsell oneselfにします。

appeal Nは「Nを控訴する」という意味で誤訳のようになります。


▼ ひとこと

「アピールする」はmake an appealでもOKです。

e.g.
I made an appeal of myself. 自己アピールをした

動詞で使わないことに十分注意しましょう!


▼ 編集後記

明日は休みですが、薬が切れたので病院へ。

前の病院と違って、今の病院はちょ〜いい加減(!?)前は「○月○日の○時に次回来て下さい」って感じでしたが、今は「あ〜薬が切れた頃か、痛くなったら来てちょ」ってな感じ( ̄□ ̄lll)

すい炎で痛くなったら即入院のヤバイ状態だったような。。。

ん〜。。病院変えたほうがいいかな。。ジャマくさいけど(ーー;)

明日ゆっくり病院探しの旅にでます(笑)



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス