apply to「問合わせる」とapply for「申し込む」の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞+前置詞のエントリ一覧

 

apply to「問合わせる」とapply for「申し込む」の違い


 

◇伝えたかった内容
パスポートの申込みをもっと早くしておくべきだった

◇誤英語
I had to apply to my passport earlier.

◇伝わった内容
パスポートにもっと早く問い合わせないといけなかった

◇訂正英語
I should've applied for my passport earlier.


▼ なぜ通じない!?

「しておくべきだった」は実際にはしなかったという感じなのでshould have P.P.にします。

had toは「〜しないといけなかった」で実際にしなかったかどうかは不明です。

次に「〜に申し込む」はapply forにします。

apply toは「〜に問い合わせる」という意味なので誤訳のようになります。


▼ ひとこと

applyは前置詞がないと「〜を塗る/張る」となります。

I applied mascara to my eyelashes.
まつげにマスカラを塗った

こちらもよく使われるので覚えておきましょう。2007/04/11作成


■編集後記

先日、シートベルト検問で捕まりました。

罰金もなく警察も収入がない「シートベルト検問だけ」というのが、大阪人の私には理解不能でしたが、ヨメハンは見逃してもらおうと、ま〜必死

なぜか満面の笑みで「あ、免許の住所変更してへんし無理やろ?飴玉あげるし見逃して〜」・・・・・・

まったく脈絡のない意味不明な言い訳(爆)も

ちろん見逃してくれるわけもなく、1点減点。

私は助手席だったのでゴールドカード死守です(笑)

福岡の警察はちょっと厳しい。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス