「戻る」のbackとcome back


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞+前置詞のエントリ一覧

 

「戻る」のbackとcome back


 

◇ 伝えたかった内容
彼女は風邪をひいているので、すぐに戻ってくるでしょう

◇ 誤英語
She is cold so I think she'll back soon.

◇ 伝わった内容
彼女は冷たい人間なので、すぐに後ろに下がるでしょう。

◇ 訂正英語
She has a cold so I think she'll come back soon.


▼ なぜ通じない!?

まずbe coldとするとcoldが「(性格)が冷たい、冷酷な」という形容詞になり、誤訳のように「冷たい人間」といったニュアンスになります。

なのでhas a coldに。

次にbackは動詞で使うと「後ろに下がる/後退する」。

なのでcome back、もしくはbe backを使ってshe'll be backとします。


▼ ひとこと

be coldは「寒い」という意味でも使いますので、誤英語は「彼女は寒気がする(寒い)」とも取られる可能性があります。

あとbackは「(車を)バックさせる」という意味でも使います。

We better back up. 
もっと下がった方が/バックした方がいいよ

他に「支持する」という使い方も典型的ですね。

He backs me up.彼は私の肩を持ってくれる


▼ 編集後記

近所の回転すし屋に行ってきました。

ビントロが好きなので、そればかり食べてました。

油が強い大/中トロなどはちょっと苦手。(高いし)私の口は安いものしか受け付けないようです。。。

日本人はマグロの大量消費で有名ですが、実は一番食べている魚介類はダントツでイカ。

続いてマグロ。私はイカはめったに食べないのでちょっと信じられませんでした。

一緒に行った友人は逆にイカばかり食ってましたが。。

ちなみにタコは英語でoctopus.ではイカは???

正解はsquid.octopusはほとんどみんな知っているのですが、squidは知らない人が多いんです。

タコよりよく食べて、親しみが強いのでこっちを知っている方が自然なのに、これはなぜなんでしょう??

私の七不思議の1つです。。。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス