be afraid ofとbe afraid to V


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

be afraid ofとbe afraid to V


 

◇ 伝えたかった内容
交通事故に巻き込まれるのが恐かった

◇ 誤英語
I was afraid to involve in a car accident.

◇ 伝わった内容
恐くて交通事故に没頭できなかった

◇ 訂正英語
I was afraid of getting involved in a car accident. 


▼ なぜ通じない!?

be afraid to Vは「恐くてVできない」という意味。

「〜するのが恐い/〜するのを恐れる」はbe afraid of 〜ingに。

次に「〜に巻き込まれる」はget involved in〜。

S involve in〜は「Sが〜に没頭する」という意味で、前のミスも重なり、誤英語は「恐くて交通事故に没頭できなかった」となります。


▼ ひとこと

afraidのよく使われる例をもう一つ。。

I'm afraid I can't join the event. 
残念ですがイベントに参加できません

I'm afraid you're taking me somebody else. 
人違いされてるみたいですが

I'm afraid that S Vで、「残念ですが〜」「申し上げにくいのですが」といったニュアンスです。


▼ 編集後記

ん〜すっかり寒くなりましたね。。

うちのカミサンは「すっかり」をなぜか「すっきり」と言います(笑)

この間は「ひょうはく剤」を「きょうはく剤」と本気でのたまってました(爆)

さて、九州は暖かいと思ってはる方が特に関西には多いのですが、素晴らしい誤解。

沖縄のイメージで「南」と思われがちですが、天気予報地図を見ると、福岡は大阪より北。北西です。

雪も関西より多いんちゃうかな〜。。

もう寒いので先々週からストーブをガンガンつけてます。




今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス