be angryとget angry(be動詞+形容詞とget+形容詞の違い)


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

be angryとget angry(be動詞+形容詞とget+形容詞の違い)


 

◇伝えたかった内容
彼は怒っているようだったので、話しかけられなかった

◇誤英語
He seemed to get angry so I couldn't talk with him.

◇伝わった内容
彼は怒るようだったので、彼と話せなかった

◇訂正英語
He seemed to be angry so I couldn't talk to him.


▼なぜ通じない!?

get angryは「(怒ってない状態から)怒る」という変化です。

「怒っている」とすでに怒っている状態はbe angryにします。

次にtalk withは「〜と話す」と双方が話しをする場合です。

「〜に話しかける」と一方的な場合はtalk toにします。


▼ひとこと

get angryのような形容詞の状態変化の例を。。

He got rich. 彼は金持ちになった
She got beautiful. 彼女はきれいになった

be動詞はその状態、形容詞はその状態への変化を表します。


■編集後記

「妊娠線が消えたよな〜」・・・フト聞こえた妹と旦那の会話。

腹を見せてもらうと確かに消えてる・・

前まではクッキリ見えてたのですが・・

冗談で妹の腹をつまんでどつかれましたが、気を取り直して聞くとマッサージを受けていたとのこと。

オイルマッサージで痛くないようなので、私も翌日にお試し。

・・これが大当たり!!痛みに弱い私でも全然痛くない!!

終わると体がめっちゃ軽く、他人の体みたいです。

色々な所でマッサージを受けましたが、ダントツで一番!

もう他のマッサージにはちょっと行けません・・




今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス