becomeとcome toの違いと使い方


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

becomeとcome toの違いと使い方




◇伝えたかった内容
太らないように、食べる量を減らすようになった

◇誤英語
I became to eat less not to gain weight.

◇伝わった内容
太らないこと、食べる量を減らすために(何かに)なった

◇訂正英語
I came to eat less in order not to gain weight.


▼なぜ通じない!?

become to Vという形はなく、誤英語はto eat less「食べる量を減らすために」、become〜「〜になった」で誤訳になります。

「〜するようになる」と動詞の変化を表すにはcome to Vに。

次に「〜しないように/〜しないために」と目的to Vの否定はin order not to V。

not to Vは「Vしないこと」という意味で誤英語は「太らないこと」とこの部分が文章で浮いています。


▼ひとこと

not to Vを使うのは一般動詞+to Vの否定形です。

I tried not to fall asleep. 
寝ないように頑張った(寝ないことを頑張った)

I told him not to come. 
彼にこないように言った(彼に来ないことを言った)

not to Vとin order not toは全く別なので注意しましょう〜

2006/11/15作成


■編集後記

HTMLド素人の私はHPをちょっとイジるのでも数時間。。

面白いですが、うまくいかない時はパソコンを破壊したくなります(笑)

簡単にサッと思うように触れる人はホンマ天才。。

むかついても、どうすることもできない私は、寝てるネコのビビに「おい、うまくいかんど。どないしたらええねん」とチョッカイ。

ビビは怒ったのか、私の顔にスカ屁をこいて逃げていきました(爆)

は〜。。いつになったら、うまくなるんだろ。。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス