breakとbe broken


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

breakとbe broken




◇ 伝えたかった内容
壊れていた機械を修理したが、また壊れた

◇ 誤英語
I got the machine that broke down repaired but it was broken again.

◇ 伝わった内容
壊れた機械を修理したが、また壊れていた(壊れた状態)

◇ 訂正英語
I got the broken machine repaired but it broke down again. 


▼ なぜ通じない!?

be brokenは「壊れている(状態)」、break downは「(壊れてない状態から)壊れる」。

誤英語ではこれが前と後ろであべこべに使われ、「壊れた機械を直したが、また壊れた状態だった」となっています。

なので、まず前半部分をbroken machineに。

これはthe machine that was brokenのthat wasを消し、brokenを前に持ってきた形。

後半はbreakを過去にし、it broke downとします。


▼ ひとこと

it broke downはget 形容詞、「形容詞の状態になる」を使って、it got broken「壊れた状態になる」⇒「壊れる」としてもOK。

会話ではこの形がかなり出てきます。

前半のI got the broken machine repairedのgetは使役動詞。

get 名詞 P.P/ing ⇒ 名詞をP.P/ing(の状態に)する

また今日の訂正英語は普通にI repaired...の形でもOKです。


▼ 編集後記

入院中、本音言うとかなり寂しいです。

カーテンを閉め切って1日中1人でパソコンしているのは結構孤独。。。

メールチェックが今はすごく楽しみ(笑)

1人でいるのは家での仕事と同じですが、やはり外出できない&授業ができないというのが寂しさの原因でしょうか。。。

それにしても注射はやっぱりダメですね。

針をみただけで、気絶しそうになります。。

針を見ずに、すごい顔して踏ん張っている私の姿を見て、若い看護婦さん達は笑いがこらえられないようです。。。

悪かったですね。。いい年こいて注射嫌いで。。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス