don't have toとshouldn't(すべきではない)


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

don't have toとshouldn't(すべきではない)


 

◇ 伝えたかった内容
失敗することを怖がってはダメだ

◇ 誤英語
You don't have to be afraid to make mistakes.

◇ 伝わった内容
怖くて失敗できない必要はない

◇ 訂正英語
You shouldn't be afraid of making mistakes. 


▼ なぜ通じない!?

shouldとhave toの意味はほぼ同じですが、否定の場合don't have toは「〜する必要がない」という意味になります。

「〜してはダメ」はshouldn't Vにします。

次に「〜することを恐れる」は通常、be afraid of〜です。

be afraid to Vは「怖くて〜できない」という意味で、誤英語は「怖くてミスできない必要はない」となります。

 
▼ なぜ通じない!?

be afraid to Vの例もひとつ。。

I was afraid to be alone with him.
怖くて、彼と二人っきりでいられなかった

to Vとof 〜ingで大きく意味が変わるので注意しましょう。


▼ なぜ通じない!?

女性にとって一生の天敵、セルライト。

うちのカミサンは仕事をやめて、増殖する一方。

今年の水着をネット検索して、良いのがみつかったようですが、自分の足とお腹をみて寂しそうに断念してました。

ドラゴンボール好きなので、キャラの一人「セル」とかけて、「セルちゃん」と呼んだら枕が飛んできました。

何とかしてあげたいのは山々ですが、どうやったら
セルライトってなくなるんでしょうね。。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス