「時計が進む」のearlyとfast


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

「時計が進む」のearlyとfast


 

◇伝えたかった内容
時計が5分進んでいた

◇誤英語
My watch was running early for five minutes.

◇伝わった内容
時計が5分間の間、遅れていた

◇訂正英語
My watch was running five minutes' fast.


▼ なぜ通じない!?

「時計が進む」はfastにします。秒針の速度が早い⇒ 時間が早く進む ⇒ 時計が進む、といった考えです。

earlyは8時を基準にすると、8時より早い ⇒ 8時前⇒ 時計が遅れる、となります。

次にfor five minutesだと「5分間の間」で、例えば8:00〜8:05の5分間の間だけ、時計が進んでいることになります。

ここではfive minutes' fastとします。


▼ ひとこと

earlyは時計が遅れている、といった誤解はされますが実際に「遅れる」はslowを使います。

I set my watch five minutes' slow.時計を5分遅らせた

fast ⇔ slowのセットで覚えておきましょう。

2007/02/09作成


■編集後記

こっちに引越してもう2ヶ月。

福岡弁がうつりつつあるのが気になる今日この頃(^^;

ヨメハンは関西に帰った時「話し方がきしょい(気持ち悪い)」言われたそうです(笑)

確かに関西弁と福岡弁が混じってます。

大阪:知らへん
福岡:知らんっちゃ
ヨメハン:知らへんっちゃ

「あなたはナニジンですか?」

と聞かれる日もそう遠くはないでしょう(爆)


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス