had toとshould have P.P.の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

had toとshould have P.P.の違い


 

◇伝えたかった内容
もっと早く(それに)申し込んでおくべきだった

◇誤英語
I had to apply to it earlier.

◇伝わった内容
もっと早く(それに)適用しないといけなかった

◇訂正英語
I should've applied for it earlier.

▼ なぜ通じない!?

「申し込んでおくべきだった(が、実際は申しこまなった)」というニュアンスなのでshould have P.P.に。

had toだと「〜しないといけなかった」で実際に申し込んだか申し込んでないのかわかりません。

次に「〜に申し込む」はapply for。

apply to Nは「Nに適用する」で誤訳のようになります。


▼ ひとこと

今日は誤英語のapply to の例を。。

This rule doesn't apply to this case.
この規則はこの場合当てはまらない

前置詞で意味が変わるので注意しましょう〜


■編集後記

車のマフラーからの匂いが気になります。

信号待ちしている時にガソリン臭いというか、焦げ臭いというか、排気ガスの臭いが強いというか。。

う〜ん、オイルもちゃんと交換してるのに。。

車で大阪から福岡まで引越し予定なのでちょっと不安。。

高速で止まったりして(笑)

横だしマフラーを純正に戻したら直るかな〜っと考え中。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス