hear that S Vとhear N ingの違い


hear that S Vとhear N ingの違い




◇伝えたかった内容
彼女はアメリカに帰国したと聞いた

◇誤英語
I heard her returning America.

◇伝わった内容
彼女がアメリカを返還しているのが聞こえた

◇訂正英語
I heard (that) she returned to America.


▼ なぜ通じない!?

hear 人 ingは「人が〜しているのを聞く」。

ある行為をする音が直接聞こえる、という意味です。

ここでは人ずてに話を聞く、ですのでhear that S Vに。

次にreturn Nは「Nを戻す/返す」。

誤英語だと「アメリカを返還する」となってしまいます。

なので、return to Americaにします。


▼ ひとこと

hear 人 ingの例を挙げると

I heard her having a quarrel.
彼女が口論しているのが聞こえた

I heard him snoring. 
彼がいびきをかいているのが聞こえた

など。直接その行為の音などが聞こえてくる場合はこの形です。

■編集後記

今度は自分のHPの数十ページが真っ白!!

HTMLソースはあり、昨日まで表示されていたのに。。なぜ??

今も原因がわからず大混乱。。。

白ページを見た瞬間寝起きの頭がシャッキリ冴えましたが(笑)

プラス、クーラーとの格闘も始まりました。

うちのクーラーは夏に水漏れします。

鍋を4つくらい用意して水が落ちてくる場所にセットしないと部屋中すぐに水浸し(笑)

修理すると買うより高いと聞いたのですが、今はどうなんでしょう。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

パソコンメールアドレスで登録する方は下記から☆

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用メールアドレスで登録する方は下記から☆

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004~ 

Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス