ifとwhenの使い方の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

副詞のエントリ一覧

 

ifとwhenの使い方の違い


 

◇伝えたかった内容
気分が悪くなったら、すぐに薬を飲む

◇誤英語
If I'm sick, I take medicine right away.

◇伝わった内容
気分がもし悪いなら(悪いか不明)、すぐに薬を飲む

◇訂正英語
When I get sick, I take medicine right away.


▼なぜ通じない!?

「〜したら」のifは「もし〜なら」と起こるか起こらないかわからない場合が通常です。

「気分が悪くなる」ことは誰にでも起こるので、when「〜したら(〜した時は)」に。

次に「気分が悪くなる」と形容詞(sick)の状態変化なので、be動詞でなくgetにします。

be動詞はその形容詞の状態を表すので「気分が悪いなら」となります。


▼ひとこと

薬の色々を。。

cure-all medicine 万能薬 
digestive medicine 胃腸薬
effective medicine よく効く薬 
ethical medicine 処方薬

日常よく使いそうな上記の薬は覚えておきましょう。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス