made byとmade ofの使い方と意味の違い


made byとmade ofの使い方と意味の違い


 

◇ 伝えたかった内容
このアパートはコンクリート製ではない

◇ 誤英語
This apartment is not made by concrete.

◇ 伝わった内容
(アパート内の)この部屋は、コンクリートさんによって作られない

◇ 訂正英語
This apartment building is not made of concrete.


▼ なぜ通じない!?

アパート全体の建物はapartment buildingとします。

apartmentは原則「(アパート内の)各部屋」を指します。

次にbyは通常「行為者」を表し、誤英語はconcreteが人になり「コンクリートさんによって」となります。

「N(材料)で作られている」はbe made of Nにします。


▼ ひとこと

「be made of N」はNの質が変わる場合はfromになります。

Wine is made from grapes. ワインはブドウで作られる

「ブドウ⇒(アルコールの)ワイン」など質が変わる場合from、今日の英語のように変わらない場合がofです。


■編集後記

ネコの愛情表現で、口のあたりを飼い主になすりつける行動がありますが、うちのビビはちょっと違います。

ビビはテクテク歩いてきたと思ったら、そのまま小走りに加速。

そのまま頭をクイッと下げゴツッとヘッドバット(笑)

しかも、ボクサーがパンチを当てた瞬間に拳をねじ込む要領で、ぶつけた瞬間グリッと頭をねじ込みます。

ごっつ痛いです(爆)一体どこで覚えてきたんだか。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス