使役動詞makeの動詞の形


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

使役動詞のエントリ一覧

 

使役動詞makeの動詞の形


 

◇ 伝えたかった内容
彼に私のことで心配させたくなかった

◇ 誤英語
I didn't want to make him worrying me.

◇ 伝わった内容
私が私を心配させながら、彼を作りたくなかった

◇ 訂正英語
I didn't want to make him worry about me.
(I didn't want him to worry about me.) 


▼ なぜ通じない!?

使役動詞makeはmake 人 Vで「人にVさせる」。

誤英語は文末にingの形。

つまり、ここが「〜しながら」という分詞になり、makeが「作る」というmakeになり「彼を作る」となっています。

次にworry 人は「人を心配させる」。

「人のことを心配する」はworry about.

分詞とこのミスが重なり「私を心配させながら」となってしまっています。

なので、make him worry about meにします。

また使役動詞を使わず、カッコの通りwantだけを使ってもよいです。


▼ ひとこと

worry 人は上記の通り、「人を心配させる」。

これ以外にtrouble、botherやdisturbも「〜を心配させる」というニュアンスで使います。

違いはbotherが一番弱く、disturbが一番強いこと。

順番別にいって、訳を取ると

He bothers / worries / troubles / disturbs me.
彼の行動が気になる/心配だ/悩みの種だ/不安を掻き立てる

といった感じです。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス