動詞openと形容詞openの意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

動詞openと形容詞openの意味の違い


 

◇伝えたかった内容
遅くまで開いているバーをいくつか知っている

◇誤英語
I know some bar opening until late.

◇伝わった内容
遅くまで初めのあるバーを知っている

◇訂正英語
I know some bars open until late.


▼ なぜ通じない!?

some 単数は「ある〜」という意味です。

barは数えるので、複数のsをつけます。

次に「開いている」という形容詞はopenを使い、bars (that are) openにします。

openingは「初めの」という形容詞なので「初めのバー」となります。


▼ ひとこと

openingは「すき間/開口部」という名詞にもなります。

Put your hands into that opening.
その開いたところ/すき間に手を入れてみて

名詞の意味でもよく使うので覚えておきましょう。


■編集後記

山口の川端温泉に行って来ました。

温泉宿が点在する、昔の雰囲気が漂うふるい温泉地。

宿にいくと「ちょっと温泉が故障してまして。。」

温泉が故障!?温泉の元でも入れて沸かしてんかな!?

っと怪しい疑問に包まれ次の宿へ。そこでは家族風呂を50分3000円で貸切りました。

露天風呂に内湯にサウナまで貸切って3000円は超お得!

ヨメハンと二人で泳ぎまくり、帰りは瓦ソバでしめました。

でも、瓦でソバを焼く意味が理解できませんでした(笑)


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス