強調の「も」を表す英語


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

前置詞のエントリ一覧

 

強調の「も」を表す英語


 

◇ 伝えたかった内容
会員が10人も増えた

◇ 誤英語
The members increased ten people.

◇ 伝わった内容
会員が10人を増やした

◇ 訂正英語
The members increased as many as ten people.


▼ なぜ通じない!? 

Increaseの直後に名詞を置くとincreaseが「〜を増やす」という意味になり、誤英語は「会員が10人を増やした」で、また「10人も」という強調も入りません。

まず「〜も(数えられる個体数)」という強調のas many asを使います。

これを使うと、この部分が挿入扱いでincreaseの後に置いてもincreaseが「(主語が)増える」という意味になるので、誤訳のようになりません。


▼ ひとこと

「会員が10人増えた」で、強調のas many asがないパターンも・・

The members increased by ten people.

「〜の差で」と差を表すbyを入れることで、increaseが「(主語が)増える」とすることができます。

■ 編集後記

天気が不安定ですね。

最近、朝晩だけでなく昼もヘタするとジャケットが必要なくらい肌寒く、もう秋が来たのかという感じです。

次の日曜日が甥っ子の中学初の運動会なのですが、これなら快適に過ごせる気もしますが、その後、幼稚園の甥っ子と姪っ子の運動会があるので、それまでこの温度ならなぁ、と思います。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス