scaryとscaredの使い方と意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

scaryとscaredの使い方と意味の違い


 

◇伝えたかった内容
怖かったので、電気をつけたままにしておいた

◇誤英語
I was scary so I kept turning on the light.

◇伝わった内容
私は怖い人だったので、電気をつけることを繰り返した

◇訂正英語
I was scared so I left the light on.


▼なぜ通じない!?

scaryは「(主語が)怖い〜」で誤英語は「私が怖い人」となります。

「(主語が)怖がっている」はscaredに。

次にturn on the lightは「(消えてる)電気をつける」でkeep turning..だと「電気をつけたり、消したりを繰り返した」というニュアンスになります。

ここではleave the light on「電気をonの状態にleave(放って)おく」とします。


▼ひとこと

「〜を怖がる」とする場合はbe scared of/be afraid of〜とします。

I'm scared of heights. 
高所恐怖症だ

He is afraid of strangers. 
彼は人見知りする(知らない人が怖い)


■編集後記

今日の日記
ネコのビビのマイブームは「お姫様だっこ」。

ウェディングドレスの新婦や、赤ちゃんを抱くようにあお向けに抱えると「ゴロゴロ」喜んだ声を出します。

この時、何故かビビの手がヒジから曲がり、幽霊が「恨めしや」と言う時の形になるので、我が家ではこのダッコを「うらめしやダッコ」と呼びます(笑)

ちなみにビビに嫉妬したヨメハンに「うちもやって」と言われシブシブやってみると腰をグキッといわしてしまいました(笑)


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス