seemの過去seem to have P.P.


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

seemの過去seem to have P.P.




◇伝えたかった内容
かなり雨がふったようだった

◇誤英語
It seemed to rain heavily outside.

◇伝わった内容
かなり雨がふりそうだった

◇訂正英語
It seemed to have rained heavily outside.


▼なぜ通じない!?

ポイントは一目瞭然でto rainの部分。

seem to Vは「〜しそうだ」とseem「思える」より未来を表す意味があります。

誤英語もそれに当てはまり、雨が降るのが、seemed「思えた」時より未来になってしまい、「雨がふりそうだった」となってしまいます。

伝えたい内容は「雨がふったようだった」と、seemed「思えた」時より前/過去に「雨が降った」ですね。

このようにseemよりも前に起きたことを表す場合はseem to have P.Pとします。


▼ひとこと

かなり雨がふる→土砂降り、という言い方は

It seemed to have poured.

とpourを会話ではよく使います。

ちなみに「小雨」は、
sprinkle of rain / light rain  が有名所。

あとrainを使った表現で、for a rainy day「まさかの時」というのもあります。

We have to save up for a rainy day. 

「まさかの時に備えておかないとね」この表現は何となく意味が伝わってきますよね。

2004/12/20作成


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス