「話しかける」のtalk toと「〜と話す」のtalk with


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞+前置詞のエントリ一覧

 

「話しかける」のtalk toと「〜と話す」のtalk with


 

◇伝えたかった内容
彼と話をしたことはあるが、一緒に飲んだことはない

◇誤英語
I've talked to him but I've never drunken with him.

◇伝わった内容
彼に話しかけたことはあるが、彼と酔っ払った???はない

◇訂正英語
I've talked with him but we've never drunk together.


▼ なぜ通じない!?

まず「〜と話す」はtalk with〜。talk toは「〜に話しかける」。

例外の場合もありますが、基本はこの考え方です。

次にdrunkenは「酔っ払った」という形容詞。

drinkの過去分詞ではありません。

なので、誤英語ではhave neverの後ろにくるべきP.P.がなく、誤訳のように動詞の部分が何なのか、わからなくなっています。

drinkの過去分詞はdrunk。なのでそのように直します。


▼ ひとこと

drunkはdrinkの過去分詞ですが、drunkenと同じ「酔っ払った」という形容詞もあります。なので、

He is drunk = He is drunken.

で同じ意味です。過去分詞の場合だけ注意しましょう。

ちなみにwe've never drunk togetherはI've never drunk with him.でもよいですが、前にもwith himとあり、繰り返しになるので、訂正英語のようにする方が良いです。

2005/05/16作成


■編集後記

土曜日に病院1階の喫煙所でタバコを吸っている時のこと。

「さて、部屋に帰ろうか」と立ち上がった瞬間、足元がヌルッ!!

「ん!」と下を見ると血の水溜りが。。。

松田ゆうさくばりに「なんじゃこりゃ〜」と思わず叫びました(笑)

手に刺してる点滴を手を見ると、こちらは異常なし。

点滴のチューブをたどると点滴を2本するための接合部分からチューブが抜けかかって血が逆流してあふれていました。

あわてて、差し直すと漏れもなくなりました。

「危ね〜」とホッ一息、タバコをもう一本吸って部屋に戻りました。

看護婦にその事を言うと「差しなおしたんやったら大丈夫やろ」とめっちゃあっけらかん。

でもこれ、もし寝ている間に漏れたら命がやばいのでは。。。??


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス