「いつ〜か」のwhenと「〜の時/頃」のthe time when


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

副詞のエントリ一覧

 

「いつ〜か」のwhenと「〜の時/頃」のthe time when


 

◇伝えたかった内容
彼が若かった時のことを、少し覚えている

◇誤英語
I remember little when he was young.

◇伝わった内容
彼がいつ若かったか、ほとんど覚えていない

◇訂正英語
I remember a little about the time when he was young.


▼ なぜ通じない!?

when節を目的語にするのは「いつ〜か」というwhenで誤英語は「いつ彼が若かったか、覚えていない」となります。

「〜な時/頃のこと」とするにはthe time when〜と関係代名詞のwhenにします。

また、このwhenは省略可能です。

次に「少し〜」と肯定はa little。

littleだけだと「ほとんど〜ない」という否定になります。


▼ ひとこと

rememberは後ろに動詞を置く場合、〜ingかto Vです。

Remember to lock the door. 
カギかけるの忘れないでね

I remember visiting there last year.
 去年そこに行った事を覚えてる

to Vは「(未来で)〜すること」、〜ingは「(過去)で〜したこと」となるのが注意点です。


■編集後記

色んな人と話しをすると、あんがい健康診断を受けてる人って少なかったりします。

過去の私もその一人ですが(笑)

今は毎月血液検査をしてますが、食生活などで数字がすぐ反応するので、毎月の警告になって助かります。

あ、でも注射嫌いは健在で、注射前は麻酔シール着用です(爆)


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス