「しようとしなかった」のwouldn'tとdidn'tの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

助動詞のエントリ一覧

 

「しようとしなかった」のwouldn'tとdidn'tの違い


 

◇ 伝えたかった内容
彼女は怖がって動こうとしなかった

◇ 誤英語
She was scary and didn't move.

◇ 伝わった内容
彼女は怖い人で、動かなかった

◇ 訂正英語
She was scared and wouldn't move.


▼ なぜ通じない!? 

scaryは「(主語が)怖い」という意味で、誤英語は「彼女が怖い
人」となっています。「(主語が)怖がっている」はscaredに。

次に「〜しようとしなかった」はwouldn'tに。didn't moveだと
「動かなかった」となります。


▼ ひとこと

「〜しようとしない」と現在を表す場合はwon'tを使います。

He won't listen to me.
彼は私の話を聞こうとしない

won'tと聞くと未来のイメージが強いですが、主語の意志を表す
場合や話し手のいらだちを表す現在で使うこともあります。


■ 編集後記

この10数年で本当にネットは進化しました。

私が初めて入院した29歳の頃(14年前)は高速定額通信はADSL
が主流で光はまだ出始めたばかり。

Wifiなんてありませんし、外でパソコンをネットでつなぐには携帯
からの従量制。ヤフーにアクセスするだけで1000円位してました。
携帯からネット検索もありませんでしたよね・・

それが、そのほんの数年後、スマホ初期版が登場、wifiも一気に
普及。「車で全国旅しながら仕事」が長年の夢だったのが、いきなり
可能になりました。

英会話も当時は日本国内限定で、家からパソコンを使わないと
できなかったのが、今では外からスマホでも、海外からでもレッスン
ができます。

実際、海外からレッスンを受けている方も結構います。
う〜ん・・・時代の進化はすごい・・・



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス