always don'tとdon't alwaysの意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

否定のエントリ一覧

 

always don'tとdon't alwaysの意味の違い




◇ 伝えたかった内容
いつも偽物をつかまされる、というわけではない

◇ 誤英語
I always don't fall for a sham.

◇ 伝わった内容
いつも偽物をつかまされない

◇ 訂正英語
I don't always fall for a sham.


▼ なぜ通じない!?

alwaysなどを使った部分否定の間違いです。
ゴチャゴチャになりやすいですが、基本としては前にある単語が文の
後ろにかかる、と覚えましょう。

例: 誤英語
always(いつも)がdon't fall for a sham.(偽物をつかまされない)
にかかっています。なので、「いつも、偽物をつかまされない」。

例: 訂正英語
don't(否定)がalways fall for a sham(いつも偽物をつかまされる)
を否定しています。なので、「いつも偽物をつかまされる、わけではない」

fall for は「〜にいっぱい食わされる/騙される」という意味。
shamは「偽物」という意味です。
「偽物にいっぱい食わされる」→「偽物をつかまされる」と派生。


▼ ひとこと

「偽物/模造品」でimitationをよく使う方がいますが、shamとは
意味が異なります。

imitationははじめから模造品として売ったりするために作る物。
日本語で使うイミテーションとニュアンスは似てます。
一方、shamは人を騙して売ってやろう、と詐欺のような目的で作る
悪意のある模造品。

ブランドなどの模造品はknockoffを使うことも多いので
合わせて覚えておくと便利です。

2004/11/18作成


■編集後記

例年お客の8割がシルバー世代というオーロラ鑑賞ツアーが
今年は半数近くが若い女性やカップルだそうです。

ドラマのラストクリスマスのストーリーで「仲間2人で先に恋をかなえた方に
オーロラ鑑賞ツアーをプレゼントする」というのが効いている
のでしょうか?(笑)

ちなみに、オーロラは宇宙現象のひとつで、寒いところの方が見えやすい
そうですが、基本的には暑い寒いは関係ないそうです。
山梨で観測されたこともあるそうです。

近場で見れるなら見たいですが、私はわざわざ飛行機で海外に
行ってまでみる気はしないです。。。暑いのと寒い所は嫌いなので(笑)


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!

ライン版QR登録:

パソコンメールアドレスで登録する方は下記から☆

*メアド:パソコン用です。スマホ用は下です

*名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。



 

スマホ用メールアドレスで登録する方は下記から☆

 
*メアド:スマホ用です。パソコン用は上です。

*お名前:姓のみ/ニックネームでも大丈夫です。


 


メルマガ名: 1分で治る!あなたの通じない英語
読者数:11,620人(2020年3月現在)
発行開始年:2004~ 

Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス