受身進行形be being P.P.の使い方と意味


受身進行形be being P.P.の使い方と意味


 

◇ 伝えたかった内容
英作文に書いたように、先週は入院していました。

◇ 誤英語
As I wrote my English composition, I was hospitalized last week.

◇ 伝わった内容
英作文を書いたように、先週入院した。

◇ 訂正英語
As I wrote in my English composition, I was being hospitalized last week.
/I was in the hospital last week.


▼ なぜ通じない!?

「英作文に」の「に」にあたる前置詞がないので、
「英作文を書いたように」となっています。なので前置詞にinを。

次にwas hospitalizedだと「入院した」。
「入院していた」と受身進行形にする場合はwas being hospitalized
とします。

またはwas in the hospitalとするともっとスッキリします。


▼ ひとこと

基本的に能動態で進行形の文を受身にしたのが受身進行です。

They were confining him. ⇒ He was being confined.
彼は監禁されていた

作り方はbe P.P.の間にbeingを入れるだけです。

2005/08/12作成

■編集後記

退院した後、急に白髪が増えました。
鏡でフトみた時に気づき、一瞬固まりました(笑)

友人は私が入院した時は「飲みすぎのせいじゃ!」と断言。
確かに酒はかなり多かったですが、28才で急性膵炎なんて
ありえませんよね。。元々酒豪だったなのに。。

詳しい人からはストレスが一番の原因と言われたのですが、
今は別にストレスを溜め込むことはしていません。。

ん〜もう少し外に出て気晴らしをした方がよいのか。。
でも外に行くとスロットにいってしまうし(笑)



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス