call「電話する」とcall to「〜に呼びかける」の意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞+前置詞のエントリ一覧

 

call「電話する」とcall to「〜に呼びかける」の意味の違い


 

◇ 伝えたかった内容
彼女に電話をかけたが、電話に出なかった

◇ 誤英語
I had called to her but she didn't receive my phone call.

◇ 伝わった内容
彼女に呼びかけたことがあったが、彼女の電話は鳴らなかった

◇ 訂正英語
I called her but she didn't answer the phone.


▼ なぜ通じない!?

今日のポイントはhadとcall toにreceiveです。
まずhad。「電話をかけた」と単なる過去の行為を過去完了に
する必要はありません。had P.Pだと「〜したことがある」と
過去完了経験にあてはまります。

次にcall toは「〜に呼びかける」という意味ですので、これが
加わり「彼女に呼びかけた(経験が)あった」と意味不明に
なってしまいます。「(人)に電話する」は通常call 人です。

最後にreceive。これは「電話を受信する/電話が来る」という意味。
つまり、didn't receiveだと「私の電話が来なかった/電話が鳴らなかった」
というニュアンスになってしまいます。

なので、ここではanswerを使います。


▼ ひとこと

「電話に出る」はget the phoneもよく使います。

逆にかける場合はcall人の他に
give 人 a call /ring 人 /make a (phone) call
などなど。

たまに違った言い方をしてみましょう〜!

2005/01/10作成


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス