injure「〜にケガをさせる」とget injured「ケガをする」の意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

動詞のエントリ一覧

 

injure「〜にケガをさせる」とget injured「ケガをする」の意味の違い




◇ 伝えたかった内容
ちょっとケガをした

◇ 誤英語
I injured little.

◇ 伝わった内容
ほとんどケガを(誰かに)させなかった

◇ 訂正英語
I got injured/hurt a little.


▼ なぜ通じない!? 

injureは「(誰か)〜をケガさせる/傷つける」という意味で誤訳
のようになります。自分が傷つく場合はget injuredかget hurtに。

次にlittleだけだと「ほとんど〜ない」という否定で、誤英語は「ほ
とんど傷つけなかった」となっています。「少し〜」はa littleにします。


▼ ひとこと

hurtを使った言い回しを・・・

It won't hurt to ask. 聞くだけ聞いてみたら?

It won't hurt (you) to Vで「〜しても損はしない」という意味にな
ります。ちなみにinjureとhurtの違いはinjureがフォーマルで
hurtは口語的という感じです。

■ 編集後記

今日は毎月の定期健診で朝から病院に行き、今帰ってきました。

特に問題なく一安心ですが、3つも科を回るので朝9時に着いても
終わるのが早くて1時半すぎ・・・まぁ、忙しく働く萌え看護婦さん
たちを眺めてたら一瞬で時はすぎますが。

・・・なんだか余計な形容詞がついてるんじゃないかというツッコミ
が来そうな気もしますが、とにかく今月も一安心ですww



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス