no longer「もう〜ない」の意味と使い方


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

否定のエントリ一覧

 

no longer「もう〜ない」の意味と使い方




◇ 伝えたかった内容
私が以前住んでいたアパートはもうない

◇ 誤英語
There isn't an apartment I used to live.

◇ 伝わった内容
私が以前アパートな暮らしをしていたアパートはない

◇ 訂正英語
There is no longer an apartment I used to live in.


▼ なぜ通じない!?

「もう〜ない」はno longerにします。isn'tだと
「ありません」とニュアンスが変わります。

次にapartment (that) I used to liveの先行詞
apartmentを後ろに戻してみます。すると。。

I used to live apartmentとなり、live 〜「〜な暮らし
をする」の形で「アパートな暮らしをする」となります。
「〜に住む」はlive inなので、前置詞inをつけます。


▼ ひとこと

今日の英文はin whichとしてもOKです。

There is no longer an apartment in which I used to live.

関係代名詞whichの場合は前置詞をwhichの前につけられます。
thatの場合は不可です。

2007/03/19作成

■編集後記

福岡では相手が言ったことが聞き取れなかった時、
「はぁ?」と聞き返しますが、関西人にすると
「何わけわからんことぬかしとんねん」といった感じ。

ヨメハンはオカンからこれを言われ、ショックを受けて
ましたが、身内でなかったらグーパンチだったでしょう(笑)

昨日も「かたる(参加する)」を「語る」、「かっきー(カッコ
いい)」を「活気いい」と勘違い。まだまだ方言マスターの
道のりは遠いようです(笑)



今回のような実際の英会話レッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。解除もワンクリックですぐにできます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス