be tired of「~にうんざりしている」とbe tired from「~に疲れている」の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

be tired of「~にうんざりしている」とbe tired from「~に疲れている」の違い


 

◇ 伝えたかった内容
仕事ですごく疲れた

◇ 誤英語
I was very tired of my work.

◇ 伝わった内容
仕事にすごくうんざりしていた

◇ 訂正英語
I got very tired from my work.


▼ なぜ通じない!? 

be tired ofは「~うんざりする/飽き飽きする」という意味です。
「~で疲れる」は前置詞をfromに。

次に「疲れた」と疲れていない状態から疲れた、と形容詞の状態の
変化を表すのでget tiredに。Be動詞は形容詞の状態を表すので
前のミスもあり、誤英語は「うんざりしていた」と聞こえます。

▼ ひとこと

形容詞の状態変化の例をもう少し・・・・

It was cold. 寒かった
It got cold. 寒くなった
It's getting cold. 寒くなってきている

becomeでも大丈夫ですが、getの方が使用頻度が高めです。

■ 編集後記

最近英語学習のサイトがかなり増えてますね。

検索するとあちこちに文法など解説してるサイトが溢れてます。
昔はヤフーの知恵袋とかが多かったんですが、それだけ英語の需要
は変わらないんでしょうね・・・

ちなみに私も学習サイト、といってもこのメルマガを文法別に
わけて管理しているサイトですが、一応もってます。

下の署名にシレっといれてるんですが、もしよかったら使ってあげ
てください。 

 http://www.best-forward.com/matrix/ 

はてぶとかtwitterとかでシェアしてくれたらシッポふって
喜びますw



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス