「ほとんど〜ない」のhardly


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

副詞のエントリ一覧

 

「ほとんど〜ない」のhardly


 

◇ 伝わった内容
頭痛でつらかったが、一生懸命仕事をした

◇ 誤英語
My headache was hard but I worked hardly.

◇ 伝わった内容
頭痛は一生懸命だったが、ほとんど仕事をしなかった

◇ 訂正英語
I had a terrible headache but I worked hard.


▼ なぜ通じない!?

まずhardは「大変な/つらい」という意味はありますが、
これは「(生活/出来事が)つらい」という意味で、頭痛など
痛みには通常使いません。

なので、誤訳のように「一生懸命に」というhardに取られてしま
います。なので、ここではterribleを使います。

次にhardlyは「ほとんど〜しない」というのが代表的な意味。
I worked hardlyだと「ほとんど仕事をしなかった」となって
しまいます。ここでは「一生懸命に」という意味のhardを使います。


▼ ひとこと

痛みの表し方で典型的なのが、

I have a headache.
I have a sore head.

体の部所にacheをつけるか部所の前にsoreをつけるのが一般的。
どちらでも意味はほとんど同じですが、用法に違いはあります。
違いはacheの場合

head/ear/tooth/stomach/back

くらいにしか使えません。
「喉が痛い」という時にthroatacheは間違いです。
対してsoreはどれにでも使えて万能です。
迷ったらsoreにしておくと無難ですよ。

2005/01/29作成


■編集後記

カタカタ英語代表の1つ「ホッチキス」。これは英語ではありません。
英語はstapler.ホッチキスで留めるはstapleを使います。

ここで以外と知られていないのが、なぜ日本では「ホッチキス」
なのか。。これはstaplerを発明した人の名前が「ホッチキス」
という名前だったからです。

私の知人のアメリカ人は「日本人はホッチキスの英単語は
知らないが、発明した人の名前を知ってる。変だ。」
と言ってました。

変ではないと思いますけどね。。。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス