「シャープペン」のmechanical pencilとsharp penの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

名詞のエントリ一覧

 

「シャープペン」のmechanical pencilとsharp penの違い




◇ 伝えたかった内容
シャーペンを使わなくなった

◇ 誤英語
I came not to use sharp pens.

◇ 伝わった内容
鋭いペンを使わないこと、来た

◇ 訂正英語
I have ceased to use mechanical pencils.


▼ なぜ通じない!?

動詞の変化を表すcome to Vはnot toの否定形を通常取りません。
誤英語はnot to Vが「〜しないこと」、comeが「来る」の意味に
なり「使わないこと、来た」となります。

ここでは、完了とcease「〜をやめる」を合わせた、have ceased
to Vの形にします。

次に「シャープペン」はmechanical pencilに。sharp penだと
「鋭いペン」となってしまいます。


▼ ひとこと

come to Vの例も。。

I came to sleep longer. 長く寝るようになった
I came to talk with her. 彼女と話しをするようになった

come to V ⇔ have ceased to Vはセットで覚えましょう。

2007/12/05作成


■編集後記

カミサンによくマッサージをやってもらいます。

「今日もやったるで〜」と言うので、うつぶせになって
待ってると、何やらゴソゴソ・・・次の瞬間、シュッシュッという音
とともに、足に冷たいものが!

振返ると、そこには私の足にファブリーズするヨメハンの姿。

結婚1年目にして、ヨメハンにファブリーズされる夫の私、
切なすぎです。タオルで拭く位ならまだしも、ファブリーズ。
私は消臭対象物のようです。

来年あたり消去対象物にならないか不安な今日この頃です。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス