「開いている」のopenと「開く」のopenの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

「開いている」のopenと「開く」のopenの違い


 

◇ 伝わった内容
普通はそのバーは7時まで開いている

◇ 誤英語
Ordinary, bar opens until 7.

◇ 伝わった内容
普通のバーは7時まで開く(開くことを繰り替えす)

◇ 訂正英語
Usually, the bar is open until 7.


▼ なぜ通じない!?

ordinaryは「通常の/普通の」という形容詞。「普段は」ではありません。
さらにbarにtheが抜けているのでordinary bar「普通のバー」
とワンセットの名詞になっています。
なので、Usually, the bar...とします。

次にopenは「(しまっている状態から)開く」。
untilを合わせると「7時まで」「しまっている状態から開ける」
という行為を繰り返していることになります。

「開いている」という状態を表すにはopenを形容詞で使います。

▼ ひとこと

今日はordinaryを使った例題を。。

It is an ordinary case. これはよくある事例だ
I finished my ordinary day's work. いつもの日課を終わらせた

2005/09/16作成


■編集後記

引越しで気づいたのですが、私のアパートには光ファイバーも
入っています。使いもしないのに料金だけ払っています(笑)

光でMSN MessengerでビデオチャットをするとPCが再起動するんです。
ADSLだと全く問題ないのに。。このせいでPCが一台オシャカ。

当初、NTTやプロバーダーに相談するも「こっちのせいじゃない」と
たらいまわし。。。ついにプッツ〜ンと切れて光とはサヨナラ。
今度の引越しで解約しよ。。色々な人からも光ファイバーは
手続き、設置やその後に問題が多いようです。。



今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス