「コンセント」のsocketと英語のconsentの意味の違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

名詞のエントリ一覧

 

「コンセント」のsocketと英語のconsentの意味の違い




◇ 伝えたかった内容
そこにコンセントがあるかは、わからない

◇ 誤英語
I don't know there is a consent there.

◇ 伝わった内容
そこに同意があることを知らない

◇ 訂正英語
I don't know if there is a socket there.


▼ なぜ通じない!?

まず、「〜か(どうか)」のifを入れます。
誤英語は接続詞thatの省略形で「〜だということを
知らない」となります。

次に「コンセント」はsocketです。consentは
「同意」という意味で、前のミスと重なり
「同意があることを知らない」となってしまいます。


▼ ひとこと

「〜かどうか」のifはwhetherでも置換え可です。

I don't know whether there is a socket.

ifとwhetherの違いは、whetherは文頭に持ってきても
OKですが、ifは文中にしか使えない点です。

2007/06/20作成


■編集後記

福岡と大阪では時間の感覚が違います。

「車やったら、長崎もすぐっちゃ」
と言う「すぐ」の単位は「2時間」or「3時間」。

大阪の感覚で「すぐ」は1時間以内です。
「2時間」はめっちゃ遠いです。大阪の南端から京都を
越えて兵庫までいけます。

「3時間」は気が遠くなります。新幹線で福岡〜大阪間
以上です。他の県での「すぐ」はどの位の感覚なんでしょう。。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス