形容詞understandingと動詞understandの違い


文法別カテゴリ一覧

学習者へご案内

 

形容詞のエントリ一覧

 

形容詞understandingと動詞understandの違い


 

◇ 伝わった内容
理解のある上司がいなければ、彼はクビになっていただろう

◇ 誤英語
But for the understandable boss, he would have fired.

◇ 伝わった内容
理解できる上司がいなければ、彼は(誰かを)クビにしただろう

◇ 訂正英語
But for the understanding boss, he would have been fired.


▼ なぜ通じない!?

But for〜「〜がなかったら」の仮定法にするのは正解ですが、
understandableは「理解できる/理解可能な」という意味。
「理解のある/ものわかりのよい」はunderstandingに。

次にfireは「〜をクビにする」。
彼はクビになる側なので受身にし、would have been firedにします。


▼ ひとこと

復習までに。。仮定法のカンマ以降(今日の英語ではboss以下)

でありえない過去を表す時は
⇒ 助動詞の過去 + have P.P. (例 would have been fired)

ありえない現在は
⇒ 助動詞の過去 + 原形 (例 would be fired)

ちなみにBut forを会話ではwithoutにして使用することが多いです。

2005/12/25作成


■編集後記

昨日また隣人が「うるさいんじゃ、われ〜!」と叫びはじめました。
「おっしゃ、今日こそは!」と手にバットを握り締め、(←嘘(笑))
準備をすると別の男の叫び声が。。。

外に出るとその隣人のさらに隣に住むおばちゃん(私の2軒隣)
とゴツイ体をした若い男性が隣人と言い合い。。

近づくとおばちゃんが「私が電話してたらお隣さんが叫び始めたから
息子呼んだのよ〜」。

隣人は私のところに文句言ってたんじゃなかったのね。。。

しばらく傍観していましたが、どうやら数年前から隣人は昔から
すぐに怒っていたようで今回はおばちゃんの息子さんにけちょんけちょん
に言われていました。


今回のような実際のレッスンにでた間違いやすい英語を毎日無料で学習!

下で今すぐ無料登録!
ライン版QR登録:


普段ご使用のライン名とは別名で登録できます。メンバー間の友達登録やDMもできないので匿名性が高くご安心してご利用いただけます。
■パソコン/スマホアドレスで登録される方は下記から!

メルマガ購読・解除
 
Copyright (c) 2009||那珂川の英会話教室ベストフォーワード特定商取引法お問い合わせ英語学習のメイトリックス